不動産物件は場所によって価格が異なっています。

礼金のこと

黒い一戸建て

賃貸マンションを借りる際には、賃貸借契約を締結しなくてはいけません。 賃貸借契約を締結するときには、従来まで敷金と礼金を支払わなくてはいけませんでした。 敷金は、賃借人が部屋を綺麗に扱うことを担保している預かり金のことを言います。 きちんと部屋を綺麗に使って返すことが出来れば、敷金は全額手元に返ってきます。 しかし、礼金は法律によって定められているお金ではなく単なる昔から存在する謝礼に過ぎません。 宅地建物取引業法では、大家に対して別途謝礼を渡すことを要求していないため本来礼金は支払わなくても良いお金なのです。 近年は、こうした知識がインターネットなどを通じて常識と化してきているため礼金を積極的に取ることはなくなっているのです。

賃貸マンションで礼金を支払わずに賃貸借契約を締結するためには、広告に書いてある敷金と礼金の説明を見ておかなくてはいけません。 敷金と異なって、礼金は完全にその大家の判断しだいで支払うかどうかが決まります。 賃貸マンションを借りるときには、敷金だけの支払いだけを求めている物件を探す必要があるのです。 そして、現代ではそのような賃貸マンションが非常に多くあります。 不動産を資産運用するオーナーは、賃料によって収益を得ることが出来るため余計なお金を得る必要はありません。 法律に従った賃貸借契約を求めるのならば敷金を預けることによって条件は整うことになるため賃借人が損をする必要はないのです。 礼金なしのマンションは条件が良い物件でもあるため、きちんと仲介業者に紹介してもらうことができます。